ヴィンテージダンヒルオプチルフレーム埋め込み蝶番修理

Germany表記のヴィンテージダンヒルオプチルフレーム埋め込み蝶番修理依頼品です。

蝶番が埋め込まれていた箇所が欠損したオプチルフレームに、他店にてレジン埋め込みした痕がございました。

古いオプチルフレームの場合は、熱を加えて再度埋め込みした場合にプラスチックが破損する場合がございますが、今回のヴィンテージダンヒルオプチルフレームも同様なくらい劣化しておりました。

古いオプチルの場合は、熱による埋め込み、レジンにて穴埋め、接着剤塗布などは全て修理不可能な事例となります。

今回はめがね修理のタムラ独自の方法(ほとんど思い付き)にて、通常の使用ならば強度確保が出来るくらいの修理内容にて行いました。

お客様にはご満足いただけると確信しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください