モスコットセルフレームカシメ蝶番修理

モスコットブランドのセルフレームカシメ蝶番修理依頼品です。

菱形の飾りに1.2mmの洋白ピンが二本ロー付けされていて、ピンを打刻する事により蝶番とカシメられているタイプのヴィンテージ調のセルフレームとなります。

打刻されたピンをカシメ蝶番から抜いて菱形の飾りに新しい洋白ピンをロー付けしてから、新しい蝶番とカシメる修理内容となります。

世の中に出回っているカシメ蝶番タイプは大別すると二本のピンのピッチ(間隔)は3.0mm前後と2.6mm前後の2パターンとなっております。

その2パターンに対応するために、洋白ピン専用ロー付け治具を特注して対応しております。

綺麗にお直しさせていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください