アルミキャスト製蝶番駒折れ修理

カルチェのサングラスフレームのアルミキャスト製蝶番駒折れ修理依頼品です。

残念ながら溶接修理不可能となりますので、同じような蝶番部品を製作してアルミキャスト製部品にネジ留め修理する事になります。

表側からは修理痕は見えないように上手にネジ留め致します。

強度に関しては全く問題無いレベルでの修理内容となります。

蝶番部品はセルフレーム埋め込み蝶番とステンレスシートの部品を駆使して製作致します。

眼鏡修理は創意工夫と技術が必要だと考えております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください