ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

オリバーピープルズセルフレーム修理

オリバーピープルズセルフレーム修理依頼品です。

セルリム折れ補強溶着修理とチタン製マンレー山折れロー付け+再メッキ修理が修理内容となります。

坂本龍一さんとのコラボ商品かと思いますので、メガネケースがピアノをイメージした形となっております。

綺麗にお直しさせていただきます。

 

made in Japanチタン製スパルタテンプル駒折れ修理

made in Japanのチタン製スパルタテンプル駒折れ修理依頼品です。

蝶番部品と芯部品が溶接されていない、蝶番部分が削り出しのテンプルを何故か眼鏡業界ではスパルタテンプルと申します。

眼鏡業界用語には、先人がフィーリングで命名したのでないかと疑いたく用語が多数ございます。

ご依頼頂いた方々と修理お見積もりの打ち合わせをする際には出来るだけ眼鏡業界用語は使わないでお話しさせていただいておりますが、正確な情報をお伝えするのはなかなか難しいですね。

今回も綺麗にお直しさせていただきます。

アランミクリスタルクバネ蝶番修理

アランミクリスタルクバネ蝶番修理依頼品です。

左右ともに中のナイロン糸が切れてガイド球も紛失しております。

綺麗にお直しさせていただきます。

モスコットセルフレームカシメ蝶番修理

モスコットブランドのセルフレームカシメ蝶番修理依頼品です。

菱形の飾りに1.2mmの洋白ピンが二本ロー付けされていて、ピンを打刻する事により蝶番とカシメられているタイプのヴィンテージ調のセルフレームとなります。

打刻されたピンをカシメ蝶番から抜いて菱形の飾りに新しい洋白ピンをロー付けしてから、新しい蝶番とカシメる修理内容となります。

世の中に出回っているカシメ蝶番タイプは大別すると二本のピンのピッチ(間隔)は3.0mm前後と2.6mm前後の2パターンとなっております。

その2パターンに対応するために、洋白ピン専用ロー付け治具を特注して対応しております。

綺麗にお直しさせていただきました。

チタンフレーム溶接修理Ray Ban

Ray Ban‏チタンフレーム溶接修理依頼品です。

リムとブリッジ溶接剥がれ、スパルタテンプル蝶番折れ、智駒切れなど複数箇所の溶接修理となっております。

修理品到着後に検品してからお客様が気付かない修理箇所が有る場合がかなりございますので、丁寧に修理お見積もりさせていただく事がございます。

今回も綺麗にお直しさせていただきました。

セルテンプル蝶番ロー付け修理

セルテンプル蝶番ロー付け修理依頼品です。

中芯を剥き出しにして、新しい蝶番を交換する修理内容となります。

プラスチック素材を剥がす必要がありますが、これがなかなか指先に力が無いと難しいかと思います。

蝶番ロー付け修理後はまた剥がしたプラスチックを綺麗に元通りに戻す事がかなり熟練が必要かと思います。

今回も綺麗に仕上げさせていただきます。

セルロイドコンビフレームブリッジ折れ修理

セルロイドフレームブリッジ折れ修理依頼品です。

冬場は気温と湿度低下により、プラスチックフレームが破断する修理のご依頼が多くなりますね。

毎日アップしている眼鏡修理ブログ更新はご依頼される修理品のほんの一部となります。

綺麗に仕上げさせていただきます。

 

ダンヒルセルフレームテンプル折れ修理

ダンヒルセルフレームテンプル折れ修理依頼品です。

セルテンプル内の金属芯には亀裂が生じていなかったので、形直ししてから折れた箇所を補強溶着修理にて行います。

強度確保しながらも綺麗に仕上げさせていただきます。

999.9フォーナインズセルフレームリム折れ修理

999,9フォーナインズセルフレームリム折れ修理依頼品です。

セルフレームの折れる場所はだいたい決まっておりますね。

ブリッジ部分、蝶番埋め込み部分、リムの鼻パット上下部分に集中しております。

今回はリム折れ修理部分に瞬間接着剤塗布されているため、修理工程の順序を入れ替えて行います。

鼻パットを外さずに補強材貼り付けにて修理致しますからスマートな仕上がりとなります。

綺麗にお直しさせていただきます。

カルチェセルフレームリム折れ修理

カルチェセルフレームリム折れ修理依頼品です。

経年劣化により、プラスチック素材がかなり硬化しております。

かなり硬化しているため、破断面に特殊溶剤塗布しても溶着が難しいため、特殊な方法にて溶着修理を試みます。

綺麗にお直しさせていただきます。